ショートカット女子推進委員会

短い距離感で、短い髪の女子の素晴らしさを伝える、ショートカット女子推進メディア

かなんべ@ゲストハウス&バー「人参」(2016.02.02)

f:id:ytkbys:20160203005630j:plain

かなんべ / 廃墟マニア

かなんべさんは去年の6月、川辺で朝6時からピクニックをするイベントで知り合いました。初対面の時からその可愛らしいキャラクターと、僕のショートカット女子アンテナが反応してすぐファンになってしまいました。

 

f:id:ytkbys:20160203135736j:plain

この日は、「Talkin’ About #005」というイベントで、参加者が「働き方」について考えていました。参加者は6人で、会社員が3人と、自分で職を作っている人が3人。職種もバラバラでなんともバランスのよいメンバー(僕はわきから観覧しながら茶々を入れていました)。

かなんべさんとは久しぶりの再会でしたが、相変わらず可愛らしいキャラクターでした。かと思えば、するどい発言で場を盛り上げることも。好きなモノや、仕事、恋愛の考え方も一般的なものとはズレていて、話が面白いです。

今度僕もテーマを決めて、しっかり話し込んでみたいなあ。

まりちゃん@囲炉裏会(2016.01.29)

f:id:ytkbys:20160131172850j:plain

まりちゃん / 移住保育士

十日町市は日本有数の豪雪地にもかかわらず、今年は暖冬の影響で雪があまり積もらず。そんな十日町市に移住してから、一ヶ月が過ぎました。十日町市には、エッジのきいた子がたくさん移り住んでくる印象を受けます。まりちゃんもそんな移住女子の一人。

この日は囲炉裏のある古民家で、みんなでカレーを食べる会をしていました。ときには教育について語り合ったり、ときにはしょうもない話を延々としたり。古民家は、広い空間やその雰囲気が相まって、コミュニケーションをするのに最適な空間だと思います。さらに、「囲炉裏」という火を囲める場所があることで、自然と参加者がどんどん親密になるのを感じました。今回は半ば強引に(?)、ショートカット女子の写真を撮らせていただきました。ありがとう。ありがとう!

現在住んでいる住み開き古民家「ギルドハウス十日町」が、何かと集まりのばとして使われ、まりちゃんともここで出会いました。まりちゃんは考えはしっかりしているけど、言動や行動は少し不思議で、会ったその時から心をつかまれました!

 

それにしても、古民家はランダムノイズ×白黒の処理が似合います。めっちゃエフェクトかけちゃいます。

f:id:ytkbys:20160131172304j:plain

f:id:ytkbys:20160131172619j:plain

みかこさん@道の駅国上(2016.01.24)

f:id:ytkbys:20160125004410j:plain

みかこさん / 看護師

雪道をさっそうと運転している女性はカッコイイ。みかこさんもそんな女性の一人です。

みかこさんは、数年前に開催した「のんある会」で出会った友人の一人。「のんある会」は「飲み会」に対抗する形で、お酒が飲めない人・低予算で食事と会話を楽しみたい人のために不定期で行っています。のんある会は現在ほとんど開催していませんが、当時のメンバーは機会があれば今も集まっています。

 

この日は仲良しの友達も交えたドライブで、足湯のある道の駅国上(くがみ)へ。どこへ行くにも雪!でしたが、車を停めて、みんなで雪遊びをするのもまた楽しい時間です。

f:id:ytkbys:20160125004543j:plain

雪が降ると、運転も細心の注意が必要で、靴の浸水やスリップの危険もあれば、視界も悪くなります。なんだかマイナスに捉えられがちな雪ですが、雪を楽しむことができる余裕は常に持ちあわせたいですね。子供心を忘れず、どんなことにも楽しさを見出す。

みかこさんは、そんな純粋な心を持ち合わせている、ステキなショートカット女子です。

りえさん@ゲストハウス&バー「人参」(2016.01.23)

f:id:ytkbys:20160125002255j:plain

りえさん / 未来のゲストハウスオーナー

近々、新潟市中央区上古町(かみふるまち)に新しくゲストハウスがオープンします。その名も、ゲストハウス&バー「人参(にんじん)」。先日、バー部分の完成に伴い、キックオフイベントが行われました。当日は40名以上の方が集まり、りえさんも参加者の一人でした。その美しいショートカットを見るやいなや、声をかけずにはいられなかった・・・!

ゲストハウスのオープンイベントだけあって、旅好きや変わり者が多かった印象ですが、りえさんも、新しいゲストハウスを準備中なのだとか!一年間、長野の「マスヤゲストハウス」で働いていて、今年はその経験を活かして新潟にゲストハウスを作る予定だそうです。新潟にもどんどんゲストハウスの輪が広がっていきますね。楽しみだー!

「襟足を撮りたい」という、自分で言っておいて、すごく変態な気がした要望にも答えてくれました。

f:id:ytkbys:20160125002902j:plain

それにしても、室内で人物を撮るとなると明るい単焦点レンズが欲しくなります。誰か出資してください。(笑)

sasakanaさん@上古町アーケード(2016.01.23)

f:id:ytkbys:20160124011524j:plain

sasakana さん / 古町えんとつシアタースタッフ

僕が「ショートカット女子写真集を作りたい!」と発信したときに、「私ショートですよ(笑)」と、最初に名乗りをあげてくれたsasakanaさん。冗談なのか本気なのか分からず話を進めていたら、本当に撮影させてくれることになりました!共通の知り合いはいれども、お互い初対面で、よくこんな怪しい企画に身を乗り出してくれたと思います。改めて、お礼申し上げます!

sasakanaさんは、「古町えんとつシアター」という劇場のスタッフさん。お話していると、僕がBGMを制作していた舞台で照明をしていたことがあったり、共通の友人が演劇関係者に何人もいたり、かなり身近な存在でした。

f:id:ytkbys:20160125001523j:plain

「写真の掲載は可能ですか?」と尋ねたところ、「劇場のPRをしてくれるなら(笑)」というお茶目なところもまたステキ!ということで、えんとつシアターをどんどん推していきます!!

xn--r8jwcl5o.com

2016年4月1日をもって、1周年になります!ますますのご活躍をお祈りしています!

当メディア及び著者について

当メディアについて

  • 名称:ショートカット女子推進委員会@新潟支部
  • 運営:ハヤシユウ

ショートカット女子の素晴らしさを発信していきます。当ブログのポリシーは以下のとおり。

  • 被写体をモノ扱いするのではなく、撮影者との間の間柄や、被写体の人柄まで伝わるような記事を制作する。
  • 写真用にキメたショットだけではなく、日常を切り取ったような写真を大切にする。
  • かわいいだけではなく、かっこいい一面も切り取る。
  • ショートカット女子の、特に「横顔の美しさ」を発信する。
  • 撮影や運営に協力してくれる方に、最大の敬意をはらう。

一般的な写真メディアでは、「写真」に重きを置き、文章はいらない場合がほとんどですが、当メディアではそのバックグラウンドが伝わるような発信に力を入れます。「短い」髪のショートカット女子を、「短い」距離感で伝えることで、魅力を身近に感じて欲しいと願っています。

ショートカットの魅力

  • シャンプーやドライなど、髪の扱いが楽
  • 寝ぐせがつきやすい(かわいい)
  • ボーイッシュで明朗快活なイメージ
  • 息をのむ美しさのもみあげ・襟足
  • キレイに映える横顔
  • 髪が伸びたときの変化がわかりやすい
  • 長かった髪を切るのは心機一転のいいチャンス
  • 髪の重さが軽く、うきうきする

著者について

f:id:ytkbys:20160131181036j:plain

ハヤシユウ。女子力高め。新潟県十日町市在住。三度のメシよりショートカット女子が好き。2012年5月14日、通っていた専門学校の先輩に誘われて、「ショートカット女子推進委員会」へ入会。活動は停滞気味でしたが、2016年は「ショートカット女子写真集」を作ろうと画策中。

・・・普段は作編曲をしています。

機材について

  • カメラ:OLYMPUS PEN-Lite E-PL5
  • レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(付属レンズ)、Panasonic H-H025-S 25mm F1.7(単焦点、2016.01.28より)

機材が本当に乏しいです。当メディアを応援したい方の支援をお待ちしております。(笑)

メンバー募集について

当メディアでは、運営協力者を募っております。「ショートカット女子が好き」「コミュニケーションが好き」「カメラが好き」「文章が好き」というみなさま、ぜひお声がけください。フェイス・トゥ・フェイスを大切にしたいので、しばらくは新潟を中心に活動していく予定です。活動内容に関しては、柔軟に対応していますので、気軽にお声がけください。